向源 > 体験講座 > お寺の体験, 中目黒正覚寺 > 【中目黒 正覚寺】ambient live & 天台止観

【中目黒 正覚寺】ambient live & 天台止観


drone × 天台坐禅止観

ドローン(drone)と聞くと、あのラジコンヘリのような空飛ぶ機械のほうが最近は有名ですが、ドローンという音楽のジャンルがあります。ゆったりとした音に包み込まれるような音楽で、聞く人の想像力や気持ちによって様々に感じられる、すごく落ち着く音楽です。
今回はそんなドローンミュージックの第一人者である畠山地平さんの音に包まれながら、ゆっくり天台宗の坐禅をおこなうという贅沢なLIVE&ワークショップです。
↓ちなみに畠山地平さんの曲はこちらから聞けます。是非聴きながらこの音に包まれて坐禅したら・・・と想像してみてください↓
https://chiheihatakeyama.bandcamp.com/album/grace

天台宗では坐禅のことを止観とも言います。字の通り、止まって観るという意味です。毎日私たちは動き続け、変化し続けています。頭を空っぽにしようと坐っていても、心と頭の動きは止まってくれません。だからこそ止観では、その心の動きを止めようとするのではなく、そのまま眺めてそこにとどめず流していこうとします。

と、言われてもやっぱり難しいですよね。

そんなときに畠山地平さんの音楽がまさしくぴったりでした。ゆったりと漂いつつ、大きく流れていく音はまさにとめどなく溢れてくる思考を眺めるのにピッタリ。1時間、変化し流れ続ける音の中でゆったり漂いながら、しばし止まっていきませんか?

カテゴリお寺の体験
講師

【LIVE】Chihei Hatakeyama
Chihei Hatakeyamaとして2006年にKrankyより、ファーストアルバムをリリース。以後Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、To Rococo Rot, Tim Heckerなどと共演。NHKのEテレ「schola 坂本龍一音楽の学校シーズン3」にて、アルバム『River』収録の”Light Drizzle”が紹介され、坂本龍一、岩井俊二らからその場を空気を一変させる音楽と評される。映画音楽では、松村浩行監督作品『TOCHKA』の環境音を使用したCD作品「The Secret distance of TOCHKA」を発表。第86回アカデミー賞<長編ドキュメンタリー部門>にノミネートされた篠原有司男を描いたザカリー・ハインザーリング監督作品『キューティー&ボクサー』(2013年)でも楽曲が使用された。またNHKアニメワールド:プチプチ・アニメ『エんエんニコリ』の音楽を担当している。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKから2枚のアルバムをリリース。佐立努とのユニットLuis Nanookでは電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で2枚のアルバムをリリース。ASUNA、Hakobune等ともコラヴォレーションアルバムを発表。マスタリング・録音エンジニアとしても、自身の作品のみならず、100作品以上を世に送り出している。2013年にはレーベルWhite Paddy Mountainを設立しShelling, Family Basik, neohachi, Federico Durand, suisen, Satomimagaeなどをリリースしている。
web site http://www.chihei.org/

【天台止観】中島 光信(なかじまこうしん / 僧侶・ファシリテーター / 等覚院)
2001年より国際青年環境NGO A SEED JAPANのスタッフとして全国各地のフェス・レイヴを転々。カルチャーとして仏教を楽しんでいる人々と出会い、感化され、2007年に比叡山にて修行。また市民活動の中でワークショップ、ファシリテーションに触れ、そこに古来より寺・僧侶が担ってきた役割と共通するものを覚える。2008年より『仏教×ワークショップ』シリーズや、フェスでの坐禅、震災ボランティアにお寺を開放する「こころのお堂」、世界三大宗教を対比する「WORKSHOP AID」など、さまざま主催。インドを自転車で旅し、仏教四大聖地を巡拝するなど、隙あらば旅に出たい。『お寺に行こう!』(講談社、2014)にインタビュー収録。
等覚院 http://www.tougakuin.jp/

日付5/06(土)
開始時間5/6(土)16:30〜17:30 (開場 16:10)
(声明公演とのセットではありません。ご注意ください。)
場所 中目黒 正覚寺 
中目黒正覚寺 別館たちばな1Fホール
アクセス
価格1,000円
定員30

10歳未満のお子様の参加・同伴はご遠慮いただいております。予めご了承ください。(詳しくはFAQをごらんください)
ワークショップや公演によっては各メディアの取材や向源オフィシャルの撮影が入ることがございますのでご了承ください。

チケット

【購入したチケットは、いつ提示すればよいですか?】

5月6日(土)中目黒 正覚寺会場の場合

1)会場に入場する際にご提示いただきますので、スマートフォンのアプリ画面に表示して入場をお願いします。開場は9:00です。

2)各体験講座、公演ごとの受付もお願いします。各体験講座は20分前、本堂で開催の公演は30分前に開場、受付を設置いたします。再度チケットのご提示をお願いします。

※声明公演につきましては、各体験講座受付の際にリストバンドをお渡しします。こちらを腕につけてお入りください。

5月7日(日)京浜四大本山ツアーの場合

1)会場ごとに受付をお願いします。各ツアー開始の20分前に受付を開始します。チケットのご提示をお願いします。

【前売り販売の締切について】

5月6日
中目黒正覚寺開催分の前売りチケット販売は、各声明公演(1回目/2回目)の開始時刻までとなります。声明公演とセットにならない講座のチケット購入締切は以下の通りです。

・お庭でLIVE(名称仮)/向源寄席 体験講座開始時刻まで
・中野信子トークショー(声明公演なし)/唱題行/お守りつくり(17:15の回) 5/6 10:00まで

5月7日
各四大本山開催分の前売りチケット販売は、各ツアー開始時刻までとなります。

【キャンセルについて】

キャンセルによる返金は行いません。いかなる事由であれキャンセルによる返金等にはご対応いたしかねますので、ご了承ください。




カテゴリー: お寺の体験, 中目黒正覚寺 タグ:

facebook

twitter

Instagram

Instagram
Top