【蟠龍寺】【35歳未満限定企画】TRADITIONAL NARRATIVES ー伝統にまつわる常識に物申すー


※以下の文章は、伝統という言葉を聞いた時に
あなたの頭の中に浮かんでくるものを想像しながらお読みください。


「私たちが本当に引き継いでいくべきものは何なのだろうか」

古来より多くの人たちの営みが形を変えて紡がれてきました。

”伝統的な”と名前が付く領域の方々は、その存在の大きさを家族や家業との関わりの中で、もしくは小さい頃から関わってきた一般の人たちとの関わりの中でおそらく伝統について考える機会が多かったのではないかと思います。

伝統といっても、それが必ずしも古来からずっと行われてきたわけではありません。たとえばお寺の世界でいうとお寺と檀家(だんか)で成り立つ檀家制度はここ300年の歴史しかありません。2500年以上の仏教が伝わってきた歴史の中では、300年はここ最近の新しいことです。また、たとえば初詣はここ100年くらいのうちに定着した慣習です。

特に多くの慣習が明治の時代の転換点に作られ、それを引き継ぐ形で生きています。

「何を残し、何を手放していくか」

一緒にこの問いに向き合いませんか?

多くの継承者の方々、継承候補者の方々、伝統文化を継いでいきたいという方々にとって、あなたの身の回りの物事は過去から紡がれてきた素晴らしいものだと思います。しかし、「これって惰性で続いているだけなんじゃないだろうか?」と思う慣習もあるのではないかと思います。伝統というくくりの中にボヤかすことによって、負の遺産を継承していくことを正当化するのではなく、時代にあった形を模索していくことが重要ではないでしょうか?

本イベントでは「何を残し、何を手放していくか」という問いに、
参加者それぞれともに向き合います。

どこか一つの領域の人だけがこの問いを考えなければいけないわけでなく、
伝統領域(ひいては他の領域)に共通する問いなのではないでしょうか。

その問いに自分自身が自らの関わりが深い領域でどう答えていくのかを
考えるきっかけに本イベントがなればと思っています。

伝統の領域をアップデートさせていきませんか?
領域を超えた小さな連帯が生まれる、未来構想の場になりますように。

===================
<伝統を問うことについて>
こちらのイベントはこれまで過去紡がれてきたことを単に否定するためにおこなうものではありません。伝統となってきた過去の先人の方々の積み重ねには心から感謝した上で、本当に紡がれていくべきものが埋もれないように促すことを目的としています。

===================
<イベント参加について(2000円:35歳未満)>
今回のイベントは35歳以下の参加者限定です。
参加者には、イベント中に発言することが可能です。

伝統に関して問題意識や違和感を持つ方、よりよく伝統が紡がれていってほしいと望んでいる方、伝統産業、伝統文化に関わりのある方の参加を推奨します。関わりの深さは問いません。どんな些細なことでも発言していただいたことの中に未来が詰まっています。

<イベント観覧について(500円)>
観覧者の方は、イベント参加者の語りに耳を傾けていただけると嬉しいです。
会が進行する際、参加者の輪の外でディスカッションを聞いていただきます。
ただし、35歳以上の方もイベントを観覧していただきます。

===================
<参加者の属性について>

伝統芸能(例:歌舞伎や能、落語など)
伝統技術(例:職人さんが継承してきた領域)
◯◯道(例:茶道・華道など)
思想・文化(お寺や神社など)

これらは一例です。
上記に当てはまらない方でも、告知文を見てビビッと来た方は
どなたでも参加を歓迎します!

カテゴリ聴く体験
講師

三浦祥敬(みうら よしたか)  
1991年お寺生まれ。京都大学卒。持続可能な世界へのトランジション(移り変わり)をリサーチするインデペンデント・リサーチャー。特に人の内面の世界が移り変わることへの興味から、内的なトランジションをサポートする 1on1 セッションの実施やプログラムの実施、哲学をはじめとした領域とのコラボレーションをおこなう。また伝統領域の活性化を通した文化のアップデートを促すためのご縁作りや企画づくりも実施している。
もうすこし詳しいプロフィールはこちら(note)
三浦祥敬@ただ今春発売の共著本の一部を無料公開中です|note

日付5/05(日)
開始時間5/5(日) 16:00〜17:30
場所 蟠龍寺 
蟠龍寺 座敷A
価格2000円
備考<イベント参加について(2000円)>
今回のイベントは35歳以下の参加者限定です。
参加者には、イベント中に発言することが可能です。

伝統に関して問題意識や違和感を持つ方、よりよく伝統が紡がれていってほしいと望んでいる方、伝統産業、伝統文化に関わりのある方の参加を推奨します。関わりの深さは問いません。どんな些細なことでも発言していただいたことの中に未来が詰まっています。

<イベント観覧について(500円)>
観覧者の方は、イベント参加者の語りに耳を傾けていただけると嬉しいです。
会が進行する際、参加者の輪の外でディスカッションを聞いていただきます。
ただし、35歳以上の方もイベントを観覧していただきます。
定員20

タイムテーブル (当日変更となる可能性があります。)

全体所要時間 1時間半

10歳未満のお子様の参加・同伴はご遠慮いただいております。予めご了承ください。(詳しくはFAQをごらんください)
ワークショップや公演によっては各メディアの取材や向源オフィシャルの撮影が入ることがございますのでご了承ください。

<イベント主催と主催者について>
こちらのイベントはお寺出身の28歳・三浦祥敬(みうら・よしたか)の持ち込み企画です。
  
現在、2019年、2020年にかけて実施する「TRADITIONAL NARRATIVES(トラディショナル・ナラティブズ)」というリサーチプロジェクトを実施しています。このプロジェクトはイベントや対話、ヒアリングを通して、伝統に関わる人たちのリアルな語りを集めていくものです。このイベントはそのリサーチプロジェクトの一環でもあります。
         
※本イベントのディスカッションは録音します。この文字起こしは名前・固有名詞を削り、発言した人物が特定されないように配慮した上で、リサーチプロジェクトの(レポート等の)アウトプットに反映されます。あらかじめご了承ください。

チケット

【キャンセルについて】

キャンセルによる返金は行いません。いかなる事由であれキャンセルによる返金等にはご対応いたしかねますので、ご了承ください。




カテゴリー: 聴く体験, 蟠龍寺 タグ:

Facebook

Twitter

Top