寺社フェス向源 > 新着情報, 向源を知ろう > 代表ブログvol.1 『初音ミクみたいに上手に歌えなくて悩んでいるんです』

代表ブログvol.1 『初音ミクみたいに上手に歌えなくて悩んでいるんです』

miku_kohgen©クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

10年ほど前。ボーカロイド初音ミクという音声合成ソフトが出始めた頃に、色々なジャンルの音楽クリエイターが初音ミクに自分の歌を歌わせたり、逆に初音ミクが歌っている歌を生身の人間が歌ってみる「歌ってみた動画」というのがニコニコ動画を中心に流行っていました。

 

僕はテクノのDJミックスをニコニコ動画に投稿していて、それを聴いた女の子が『私の歌ってみた動画を見て感想を下さい』ってメールをくれて、そこにはこんな悩みが書かれていました。

 

『初音ミクみたいに音を外さず上手に歌えない』

 

もし、あなたならなんて言いますか?

 

 

僕は当たり前の事を言いました。

「あなたは人間だ。”初音ミクみたいに”ではなく、あなたはあなたとして歌えば良い。」

 

 

このやりとりから10年が経ち、僕は色々な悩みと仏教への質問を受けるお坊さんになりました。

ある日も友人から相談を受けました。
『子供の頃からよく遊んでくれてた叔父さんが先日亡くなってお葬式をしてきた。明日から仕事が始まるけど、気持ちが沈んでいて行きたくない。どうやったら頭を切り替えられるかな?』

「お葬式はいつあったの?」

『今日。』

僕はこう言いました。

 

「子供の頃から大事にしてくれた親戚とさっき別れて、明日笑顔で会社に行く必要なんて無いんだよ。」

 

またこんな質問をよく受けます。

『坐禅とか修行をすると、怒ったり悲しんだりしないようになれますか?』

 

「怒ったり悲しんだりしない人間になりたいんですか?」

 

『コントロール出来るようになりたくないですか?』

 

10年前に感じた事を思い出します。

 

思う。

 

“心なんて整えなくていい”

 

仕事で嫌な事があってもすぐに立ち直りたい。家族の不幸があっても翌朝には元気に出勤しなきゃプロじゃない。上司に可愛がられて部下には尊敬されたい。社会貢献もしたい。善人ぶってるけどそんなの全部欲です。それを心を整えると言うのならやめたほうがいい。

 

本当の自分やありのままの自分というのも同様に、ただの貪欲な理想像で、それはあなたではありません。本当の僕やあなたは、他人の評価におびえ、やりたい事もやらず、言いたい事も言わず、人と自分を比べて見下したりうらやんだりしている。これが、本当の、ありのままの僕とあなたです。

 

だから僕らは生きるのが下手で、やっぱり初音ミクにならなきゃいけなくて、そのために坐禅や修行で怒りや悲しみをかき消して心を整えられる集団にならなきゃいけないのでしょうか?

 

違う。

 

リラックスしましょう。世間の理想と背比べしても一生勝てません。嫌ならいや、ダサかったらダサい。悲しいことがあったら悲しめばいいし、嬉しい事があったら周りに言いまくっていいんです。それを躊躇するのはあなたがそれをされたときに受け止められないから。お互いが人間同士である事を受け入れればいいんです。そのコミュニケーションを面倒くさがって、人間であることから遠ざかろうとするから苦しむのではないでしょうか。

 

自分自身をロボットのように矯正しようとしながら、人工知能が進化して自分たちの役割を奪ってくるのにビクビクして、人間らしい働き方をしなきゃとか思っていませんか。

 

たしかに人間らしい人間同士のコミュニケーション、共生はめんどくさいです。みんな勝手で、意見もまとまりません。でも、それでいいんです。違う意見が有る事をお互いに尊重し、理解し合えば良いんです。

 

全員の合意を取らなきゃいけないという空気。

歩調を合わせて飛び抜けてはいけないという空気。

ルールや雰囲気には従わなきゃいけないという空気。

好きな事ややりたい事は、やらなきゃいけない事の後にやらなきゃいけないという空気。

なんなら、やらなきゃ行けない事をやりたいことであるかのように勘違いし続けなきゃいけないという空気。

 

これらに従い続けるか、面倒なコミュニケーションを選ぶかって事なのかなと思います。

 

とはいえ、やりたい事をやる為にはやらなきゃいけない事や合意形成、ルール作りが必ず出て来ます。でも、やらなきゃいけない事の余り時間でやりたい事をやるのとは、やりたい事をやる為なんだからワケが違います。

どうか流されないでください。どうか勘違いしないでください。

 

あなたは死なない為に生きてるんじゃないんです。生きる為に生きてるんです。

 

そしてあなたもみんなも、人間なんです。

 

こんな当たり前だけど、とても生意気な話をする僕が仲間を集めて本気で取り組んでいるフェスがあります。

 

4月29日から5月5日までの一週間、神社と、お寺と、街中で、ニッポンを遊びます。自らの[源]に[向]き合う「向源」という寺社フェスで、一万五千人のお客さんと、五百人以上のボランティアスタッフで、6年目を駆け抜けようとしていて、その準備は最終段階に入りつつあります。

 

お客さんとしての参加はもちろん、ボランティアスタッフもまだまだ募集しているので是非仲間になって欲しいです。

 

人生の全てを”生きる為に生きる”に振り切るのは難しいかもしれません。だからみんな仕事とプライベートを切り分けつつ、プライベートなゴールデンウィークだけでも”生きる為に生きる”をやりに来てくれています。

 

学歴、職歴、年齢、全て関係なく一人の人間として尊重され、強制も強要もなく、だけど最終的な着地点はブラさずこれまで進めてきました。向源というこの寺社フェスはとても不思議な場です。でもみんなに愛され、大切にされている場です。

 

今年のテーマは「ニッポンを遊べ。」
それまでの生活、人生の殻を破るのはとても難しいことだと思います。だからこのちょっと変わったフェスの中で遊んでみませんか?自分の人生と、ニッポンを。そしてもし、やりたい事や目標が見つかったら、「向源」を[源]として、そこに[向]かっていってください。

あなたはあなたとして歌えばいいのだから。

 

 

今日の一曲

僕は今まで彼岸寺というウェブサイトで連載を書いたり、ハフィントンポストでは向源のライターチームと共に連載をもっています。

特に彼岸寺の中ではかなり自由に連載を書いてきていて、お坊さんになる前からやっていたテクノとハウスのDJという経験から僕は今日の一曲というコーナーを勝手に作って続けて来ました。

なのでこの向源の代表ブログでも今の気分に合わせた今日の一曲をお届けして行こうと思います。

さて、向源本体にブログを移しての記念すべき一発目はMajor Lazer & DJ Snake でLean On (feat. MØ) です。

僕は去年、向源を終えてからアメリカの砂漠(正確には乾湖)で行われるburningmanに行って護摩をして、ロサンゼルスやラスベガスを旅して来ました。その直後にはULTRA JAPANを隅々まで体験させていただき、他にもたくさんの現場で踊ってきました。そんな僕が2015年で最も現場で聴いた曲であり、この曲で踊るオーディエンスとの出会いが去年の僕の全てでした。

今年の向源も音楽の助けを借りながら僕は作っていますし、向源が終わった後もまた音楽と共に旅に出ようと思っています。やらなきゃいけない事も果たしつつ、、、
やりたい事を見つけるのも、やりたい事をやらせるのも自分でしかないから。

向源代表 友光雅臣の過去の連載まとめ

2013/3/26~ 
彼岸寺 向源への道(http://www.higan.net/kohgen/)

2013/5/25~2013/11/30 
彼岸寺 日々是好日(http://www.higan.net/navi/cat865/)

2014/12/25~ by向源ライターチーム
ハフィントンポストブログ 向源 (http://www.huffingtonpost.jp/kohgen/)

取り上げていただいたメディアの中からピックアップ

2014/4/28 ハフィントンポスト
世界最大級の寺社フェス「向源」とは?
若き僧侶・友光雅臣さんに聞く「未来のつくりかた」
http://www.huffingtonpost.jp/2014/04/28/kogen_n_5224460.html

2015/11/11 東洋経済オンライン
「寺社フェス」仕掛けた若き僧侶の正体
若者と仏教をつなぐ秘策はDJだった
http://toyokeizai.net/articles/-/91723

 


カテゴリー: 新着情報, 向源を知ろう タグ:

Facebook

Twitter

Top